Top >  デモ口座で注文してみよう

デモ口座で注文してみよう

無料のデモトレード口座を作ったら、注文やチャート、各種情報等々、色々
と試して行きましょう。

習うより慣れろとよく耳にしますが、注文方法やチャートなどは、本で勉強
するより、実際に触ってみる方が覚えも早いと思います。

ここではお勧めのデモトレード口座の中から、「外為どっとコム」のデモ
トレード口座の扱い方を開設していきます。

■外為どっとコムのデモトレード口座:注文画面

ログインすると直ぐにニュース速報が表示されています。画面の上にある、
「お取引・照会」のタブをクリックすると早速レートが黒く表示されます。

下には...

■取引レートについて

Bid:お客様の売値のレート
Ask:お客様の買値のレート
Change:前営業日のニューヨーククローズからの変化
BidOpen:売取引レート始値
BidHi:売取引レート高値
BidLow:売取引レート安値
買Swap:1万通貨あたりの買ポジションに対するスワップ暫定値
売Swap:1万通貨あたりの売ポジションに対するスワップ暫定値

上記のように親切な解説が表示されています。
このような解説が全く無いデモトレードも少なくありません。

それでは早速、注文してみましょう。
左サイドバーにある「新規注文」をクリック。

そして注文項目をタブで選んで「注文内容確認」に進みます。

下に特殊な注文方法なども紹介していますが、解らなければとりあえず、

通常 → 米ドル・円 → 通常型 → 買 → 成行 → 1×10000

で取引してみましょう。

注文確認画面が出るので「注文発注」で注文完了です。

次はポジション確認と決済についてです。

細かな注文項目について簡単に解説しておきます。
下の解説は、デモトレード内の「操作方法」でも確認することができます。

IFD
If done(イフダン)のことで、新規注文に対して、成立したら有効になる
決済注文をセットで出す注文。(新規注文のみ可能)

OCO
One done, then Cancel the otherのことで、売り(買い)の注文で指値と
ストップの2つを出しておき、どちらか一方が成立したら、もう一方は
キャンセルとなる注文方法。

IFO
IFDとOCOを組み合わせた注文方法。新規の指値注文に対して、利食いと
損切り注文を出す方法。

リアルプライス
2Way:その時点の売り買い両方の値段を見ながら注文する方法で、成立前
に値段が確認できます。

売・買:その時点の売り(買い)の片方の値段を見ながら注文する方法で、
成立前に値段が確認できます。

プライス
2Way:注文を出した瞬間の売り買い両方の値段を提示(クォート)させて
注文する方法で、成立前に値段が確認できます。

売・買:注文を出した瞬間の売り(買い)の片方の値段を提示(クォート)
させて注文する方法で、成立前に値段が確認できます。

成行
当社に注文情報が到着したその時のレートで約定する方法。

指値
指定値段、もしくは、それより有利な値段でのみ約定される注文。

ストップ
通常の指値注文とは違い、指値値段以上になれば買う、または指定値段
以下になれば売るといった注文の方法。相場の勢いを売ったり、買ったり
するのが特徴。損切りするときの損失をある程度見込んで注文を出すとき
にもよく使われる注文方法。

デモトレード入門

関連エントリー

・デモ口座は必要?
・デモ口座には何が必要?
・まずは開設してみよう
・外為どっとコムのデモ口座
・FXオンラインデモ口座
・デモ口座で注文してみよう
・デモ口座で決済してみよう
・デモ口座に出来る事