Top >  FXを始める理由

FXを始める理由

日本はこれまで長期間に渡って低金利政策が取られてきました。

このため円キャリートレードと言われるように、円を売って外国通貨を買えば、
金利差益を受け取ることが可能なので活用されてきました。

現在でも日本の景気が回復して金利が上がったとはいえ、諸外国の金利と比較
するとまだまだ低いのが現状で、この傾向は今後も暫く続くという見方が一般
的です。

日本の金利が低いということは、「=銀行に預けてもムダ」と言い換えること
ができ、実際に銀行利息は殆どついていない状態が現在も続いています。

実際、銀行の利息よりも、振込みや引き出しにかかる手数料の方が高く付いて
いるケースが殆どである...というのが日本では常識になってしまっています。

更にペイオフ解禁によって、一千万円までしか預金に対する保証が得られません。

このような状況下ですので、いっそ預けない方が得なのか...と考えられる方も
いらっしゃるようです。

しかし自宅に大量の現金を置いておくというのも、火災や地震による災害を受け
たり、紛失や盗難に遭うというリスクを抱えてしまうため、やはりどこかに預け
ておいた方が良さそうです。

そこで預金先の選択肢の1つとして外貨預金などがありますが、金利が大きくて
預けるメリットを感じ易いですが、手数料と為替リスクがデメリットとして問題
になります。

また外貨預金では満期を待たなければ金利を受け取れず、解約も簡単ではありま
せんので、為替の変動に柔軟な対応を行うことができません。

そこでFXという選択肢に光が当たるわけです。

FXは手数料が低く、外貨を持った場合の金利は銀行預金よりも高いため、レート
の変動がなければ優秀な預金先となり得ます。

また為替の大きな変動が見込まれる際にも決済は簡単ですから、外貨預金よりも
柔軟性が高いと言えます。

今後も日本は、貯蓄から投資へ大きくシフトしていくことが予想されるので、
税制面を含めて資産運用を行っていくためには、投資に対する知識が少なからず
必要になっていく可能性が高くなります。

こういった時代の流れからも、小額から取引が可能なFXは、投資の第一歩として
参加し易く、またメリットの多い有利な投資方法として、現在人気が高まってい
ます。

FX取引前に・・・

関連エントリー

・FXを始める理由
・為替と株価の関係
・レートは先読みするもの
・地政学リスクと為替
・各国の要人発言
・外貨預金とFXの違い
・株とFXの違い